« 山本:神保町A7ライブでした。 | トップページ | 山本:今超話題の門田稲荷神社にいってきた。 »

山本:足利はどこに向かうのか?最後まで見届けよう。萌えと暴力

先日ツイッターで、足利市にも「萌え」がやってきている、
という話を目にした。
足利市は我々の出身地だ。

いったいどういうことなのか?

足利市には織姫神社という織物の神を祭った神社が
市内を見下ろす小高い山に建っており、小学校の遠足
でも訪れるなど、市民に親しまれている。

また、縁結びの神社は全国に数あれど、縁切りの
神社として、有名な門田稲荷神社は私の通っていた
小学校の隣にあり、小学生の遊び場にもなっていた。

そんな、織姫神社、門田稲荷神社が
こんな感じになっていた。
Photo

「ひめちゃん」こと、はたがみ織姫と
「たまちゃん」こと、門田みたまの

超萌えユニットだ!!

しかも、キャラクターデザインは、地元のオタクに頼んだ
わけではなさそうだ。人気アニメ魔法少女リリカルなのは、
のデザインを手がけた奥田泰弘氏を起用しているっ!!
完全にプロである。
両神社の本気度も伺える。


そして現在、アニメ、漫画業界でブームになっているといわれる
『4文字カナ略式タイトル』
例をあげるなら、ラブひな、けいおん、らきすた、など多数だ。

この『ひめたま』も、これを踏まえ、確実にキャッチーな
ものとなっている。

門田稲荷神社とグーグルで調べると、今は「心霊スポット」
としての紹介が一番上に来てしまうのが残念だが、
(ぐっさぐさに針の刺さったわら人形とかあったから)
瞬く間に、萌えるファンシーなスポットになるだろう。



そして、もうひとつ足利を映す鏡。それが
ヤングチャンピオンで現在連載中の
『足利アナーキー』だ。
3

Photo_2

先日3巻を購入した。楽しく読んでます。
この物語は、喧嘩に明け暮れる不良高校生が、
日本一のギャングになるために、
さらに、暴力に身を投じていく、という内容。

渡良瀬川河川敷では、100人規模の大乱闘!
市内でも大乱闘!
自動車による体当たり、刃物による攻撃、
リンチ、栃木暴○団の介入。

暴力都市としての足利市が描かれている。


萌え、そして、暴力、そんな2面性を持つ
今、超話題の地方都市。それが

足利市なのです。

今、足利市はどこにむかっているのか?
最後までみとどけたい。

|

« 山本:神保町A7ライブでした。 | トップページ | 山本:今超話題の門田稲荷神社にいってきた。 »

コメント

コメントありがとうございます。
足利市の更なる発展を願ってますよー!!

萌えキャラ計画、うまくいってほしいです。

投稿: 山本 | 2010年7月13日 (火) 01時19分

9/25全国ロードショーの「君に届け」のロケもありましたよ。

投稿: 足利市民 | 2010年7月12日 (月) 18時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164605/48852716

この記事へのトラックバック一覧です: 山本:足利はどこに向かうのか?最後まで見届けよう。萌えと暴力:

« 山本:神保町A7ライブでした。 | トップページ | 山本:今超話題の門田稲荷神社にいってきた。 »